若くても発症するAGA・年齢との関係はどれくらいあるの?

加齢による薄毛というのは、毛乳頭細胞の働きが低下したり血行不良が原因で起こりますが、AGAはこういった原因で発症するものではありません。イメージ的には高齢者に発症すると思われているAGAですが、若くても発症することがあるのです。特に近年は20代や30代、早い人だと10代で発症する人もいるので、AGAと年齢の関係をしっかり学んでおきましょう。

 

・AGAと年齢

 

普通の薄毛であれば、加齢とともにあらゆる機能が衰えることで発症します。ですが、AGAの場合は機能の低下に加えて男性ホルモンの働きが影響してきます。一番の原因となるのはジヒドロテストステロンという男性ホルモンで、このホルモンが髪の成長サイクルを乱すことで薄毛が発症するのがAGAです。

 

さらに、睡眠が不規則だったり栄養バランスが偏っていたりすると、ホルモンの影響との相乗効果で脱毛が進行しやすくなります。若い人はどうしても生活習慣が乱れがちで、食事もいい加減になってしまうことが多いです。このように、AGAを引き起こす要因が重なりやすいのが若い人の特徴とも言えるので、その分発症リスクが高くなることを知っておかなくてはいけません。

 

・AGAが発症しやすい年齢

 

厳密に言えば、何歳であっても発症する可能性があるので、発症しやすい年齢というのはAGAにはありません。ただ、一般的に多いのは仕事でストレスが増えたり、ライフステージが変わりやすい30歳ぐらいからと言われています。この年齢になると、薄毛が気になる方が増えて、AGAを疑うようになるそうです。

 

ですが、AGAは突然大量の髪が抜ける円形脱毛症などとは違い、徐々に進行するものなので30歳になっていきなり薄毛になるわけではありません。薄毛を自覚するまでには数年かかることもありますから、20代後半ぐらいから症状が出ている可能性もあるのです。ですので、年齢に関わらず髪の量はこまめにチェックをして、抜け毛が多くないか、髪が切れやすくなっていないかなどにも注意しましょう。

 

・AGAになりやすい人

 

何歳であっても発症するのであれば、AGAを予防したくてもどうすればいいか分からないという方もいるでしょう。AGAになりやすい人は、大きく分けると2つの特徴があります。AGAの原因となる男性ホルモンの保持量は遺伝すると言われているので、特徴の1つは親族にAGAの人がいる方です。

 

もう1つは、睡眠不足や外食が多い、食事時間がバラバラなど、生活習慣が乱れている人です。この2つの特徴のうちどちらかに当てはまる人は若くてもAGAを発症しやすいので気をつけてください。

 

若くしてAGAになるのは辛いかもしれませんが、若ければその分毛乳頭細胞の働きを復活しやすいです。つまり、適切な治療を行えば改善出来る可能性が高いので、少しでも不安がある方は専門クリニックで相談してみるといいですね。