気になるのは男性だけじゃない?女性のAGAについて

薄毛の男性のほとんどはAGAと言われていますし、原因となるのは男性ホルモンなので、AGAは男性だけに発症する脱毛症と言うイメージがあるかもしれません。しかし、実は女性であってもAGAになることがあるのです。ですので、女性のAGAとはどのような症状なのか、原因や対策は男性のAGAと同じなのかなど、薄毛が気になる女性はしっかりチェックしておきたいですね。

 

・女性のAGAの症状

 

女性のAGAはFAGA(Female AGA)とも呼ばれるもので、女性型男性型脱毛症という脱毛症です。男性の場合、AGAになるとおでこから後退していくM字型脱毛症や頭頂部だけ薄毛になるという症状が特徴的です。ですが女性のAGAはこのような症状は起こりません。

 

女性の場合だと、髪が抜け落ちるというよりも、細くやせ細っていくため髪全体が薄くなります。これはびまん性脱毛症ととてもよく似ている症状なので、FAGAが発症していても気がつかないことも多いです。

 

・女性のAGAの原因

 

女性のAGAも男性のAGAも、原因は同じ男性ホルモンにあります。男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロンという強力な作用を持った男性ホルモンに変性します。ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長サイクルを狂わせるため、髪が正常に成長しなかったり、成長途中で抜け落ちることで脱毛症が発症するのです。

 

男性ホルモンは女性にも分泌されるのですが、普通なら女性ホルモンの方が優位なので影響はありません。しかし、何らかの原因で女性ホルモンの分泌量が減少すると、男性ホルモンの働きが表面化するため、AGAが引き起こされると考えられています。

 

・女性のAGA対策

 

男性は、もともと男性ホルモンの作用が強いので、AGAを改善するには男性ホルモンに働きかける有効成分を使用しなくてはいけません。しかし女性の場合は対策法が異なります。女性にAGAが発症するのは、女性ホルモンの減少が一番の要因なので、女性ホルモンを増やす必要があります。

 

女性ホルモンは、加齢だけでなくストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足なども減少します。つまり、ストレス解消や生活習慣飲み直しなど女性ホルモンを増やすための対策を行えば男性ホルモンの作用を抑えられるので、結果的にAGA対策につながるのです。

 

女性のAGAは、女性ホルモンがある程度男性ホルモンの作用を抑えるので、男性のAGAのように進行することはありません。しかし、進行しなくても改善されるわけではありませんから、しっかり対策を行って、必要であれば医療機関での治療も視野に入れておきましょう。