海外の医療ヘアタトゥーの歴史や実績など

 

タトゥー

 

日本ではまだあまり医療ヘアタトゥーは知られていません。しかし海外ではすでに大きな注目を集めているようです。

 

海外でも大人気の医療ヘアタトゥー

 

医療ヘアタトゥーは日本に上陸したのは2016年ですが、実は10年以上前にイギリスで誕生しています。そしてメディカルSMPという画期的な薄毛治療法として、大きな話題を呼ぶことになりました。

 

ヨーロッパや欧米諸国ではとてもメジャーになってきており、既に数万件以上の実績があるのだといいます。近年では医療タトゥーによるヘアスタイルは、最先端のおしゃれとしても人気が高まっているようです。

 

タトゥーが海外に広まった背景

 

欧米諸国やヨーロッパでは、医療ヘアタトゥーに限らずファッションとしてのタトゥーもとても人気があります。その歴史は18世紀から19世紀ごろにまで遡り、人々が太平洋の島々を行き来するようになったことから広まっていったとされています。

 

当時は寄航の記念や身元の確認としてタトゥーを入れている人もいたといい、今でも多くの方がおしゃれのためのタトゥーを楽しんでいます。

 

日本でのタトゥーの歴史に比べて海外ではより気軽な感覚で広まっていき、それが現在にも反映されているようです。ヨーロッパ諸国のファッションタトゥーへの寛容さも、医療ヘアタトゥーが大人気となっている理由の一つなのかもしれません。

 

海外での医療ヘアタトゥーの広まり

 

タトゥーに対して寛容とはいえ、すべての国でタトゥーが受け入れられているというわけではないようです。アメリカではタトゥーを入れている人には低所得者というイメージが強いのだといいます。他にも、タトゥーに対してマイナスのイメージを持つ国は意外にも多いのです。

 

そんな中で登場した医療ヘアタトゥーは、これまでのタトゥーのイメージに大きな変化をもたらしました。タトゥーに対して否定的だった方でも、医療へアタトゥーであれば問題ないと考える方も多いのだそうです。

 

医療技術としてのタトゥーは、これまでのタトゥーのマイナスのイメージを払拭できるのでしょうか。今後、日本をはじめ世界各国でどのような広まりを見せるのかが期待されます。