ヘアタトゥー、育毛剤、AGA治療、自毛植毛、増毛(かつら)のメリットデメリット比較

 

比較

 

ヘアタトゥーの他の薄毛対策としては、AGA治療、自毛植毛、かつらなどがあります。それぞれのメリットやデメリットを比較してみましょう。

 

薄毛対策方法のそれぞれの特徴

 

まずはそれぞれの特徴と仕上がりについて整理していきましょう。ヘアタトゥーは頭皮に色素を入れていく方法ですので、どんな方にでも効果が期待できるものです。仕上がりもナチュラルで周囲にも気づかれにくいようですが、発毛の効果はありません。

 

AGA治療は、男性ホルモンの影響による薄毛を治療するものです。発毛や増毛のために内服薬などで治療をしますが、その効果には個人差があります。自身の発毛なので、効果が出ればもちろん自然な仕上がりになります。

 

自毛植毛は、その名の通り自分の髪の毛を少ない部分に持っていく方法です。仕上がりは自然ですが、頭皮を傷つけてしまう可能性もあります。かつらは着用だけなので、気軽に試しやすいというメリットがあります。しかし、違和感を覚える場合も多く周囲に気づかれる心配やストレスがとても大きくなります。激しい運動なども難しいようです。

 

費用と時間の比較

 

一般的には長期の治療や手術が必要となってくるAGA治療と自毛植毛が最も高額と言えるでしょう。場合によっては100万円以上かかる場合もあります。また、これらは長い時間を要するもので、長期の薬の服用や長時間の手術が必要となります。ナチュラルな仕上がりになる分、手軽さと費用の面ではなかなか手が出しにくいものかもしれません。

 

次にヘアタトゥーは、10万円代から受けることができます。施術範囲にもよりますが、100万円を超すことはまずありません。施術は2時間から3時間で済み、その後のメンテナンスも数年に一度で大丈夫です。

 

かつらは治療などと比べると比較的リーズナブルで、どんなに高くても10万円前後が相場です。着用するだけなので即効性もあり最も手軽な方法です。

 

どれが一番いい方法なの?

 

価格の面ではかつらが最もリーズナブルではありますが、やはり日常生活に支障が出てしまう可能性もあり敬遠されがちです。しかし効果や仕上がりを求めると、やはりどうしても値は張ってきてしまうようですね。費用、効果、仕上がりなどを総合的にみると、ヘアタトゥーはとてもバランスのとれた方法だと言えそうです。

 

ただし、何を重要視するかによって最適な薄毛対策方法は変わってきますので、それぞれ比較して自分に合ったものを選んでみてください。どんな方法にも必ず何かしらのメリットとデメリットがあります。薄毛対策は、まずは無理のない方法でストレスなく行うことをおすすめします。